結婚式「サムシングフォー」おすすめアイテムのアイデアを公開!

15317929_1126607850788618_8866914453076805196_n

みなさん、こんにちは。元ウエディングプランナー主婦ブロガーのぐっちです。

今日は結婚式の際に持つと幸せになれるという「サムシングフォー」についてのレビューです。

 

Sponsord Link

 サムシングフォーの意味は?

 

結婚式の時に4つの「何か」を身につけたり、持ったりすることで、その花嫁が幸せになれるという言い伝えがあるんです。多分、ここまではネットとかでもたくさん載ってるし、すぐに調べることも出来るだろうから知ってる人は多いかと思うんだけど、では実際、どんなものをどういう風に身につけたらいいの??っていう疑問に元ウエディングプランナーのぐっちが考えていきたいと思います(^_^)/~

 

まずは、基本的な説明からね!

サムシング(何か)フォー(4つの)ってことなんだけど、まずは

「何か青いもの」「何か借りたもの」「何か古いもの」「何か新しいもの」

を身につけることから始まります。

まずは、何か青いもの。これは「サムシングブルー」と言われてるんだけど、当日青いものなんか、なかなかないよね?しかも、サムシングブルーには人目に見えない所がいいとされているみたいなんですよね。

074

例えば・・・・下着を当日だけ青にしちゃう!とか、こっそりブーケの中に青い花を入れてもらうとかがいいんじゃないかな~~~??

ブーケの中に見えないように入れてもらうには、担当の花屋さんに直接お願いすると、して貰えるかもしれないですよ~~(誰にも内緒でするとなんだか素敵♡)

 

次は「何か借りたもの」。これは「サムシングボロード」と言われているんだけど、これは結構簡単に用意できちゃうかな。ちなみに、ぐっちの場合は母親が昔つけていた本物の真珠のネックレスとイヤリングを借りました。それを身につけて挙式に出ましたよw

014

母親のものを借りるのってなんだかいいよね~~~ジーンときちゃうwあとは、例えば、義理の母親から何か借りれたりしても素敵ですよね。

ハンカチとかでもいいし、ウエディングドレスの際のアクセサリーでもいいし。どうしてもないなら、メイク道具を何かひとつ借りるっていうのも一つの手かもしれませんwとにかく、身につけなきゃ意味がないので注意★

 

Sponsord Link

 

次は何か古いもの。「サムシングオールド」。これは、これから幸せな生活を送れるように何か昔から伝えられてきたものを身につけるといいとされてるんだけど・・・・・

特に祖母や祖父などが使ってきたものとか代々受け継がれてきたものとかがいいんだけど、これは結構難しいよね。。。

昔、私が担当したお客様で新婦様が自分の母親が実際の結婚式で着ていた、振り袖を着て披露宴に出た方がいたかな~~これも、サムシングオールドになるよね!

指輪とかも、アクセサリーのひとつとして代々受け継がれているものがあれば、それを身につけて当日を迎えるのも素敵。

 

 

そして最後は何か新しいもの。これは「サムシングニュー」と言われているんだけど、まぁ新婦さんだから新しいものは何かしらたくさんあるかな。だからこれは準備もきっと簡単だよね。

オススメはハンカチかな。真っ白いハンカチがGOOD♪他には、ネイルを青にしてみるのもいいかもね~~~ドレスにどうしても合わない場合は、足の爪なら出すことはないから、足の爪に青をしてみるといいかもしれない 😆

 

 

サムシングフォーのおまじない・幸せをゲストにもわけよう

 

例えば、司会の人にあえて「サムシングフォー」の説明をしてもらって、お見送りグッズやテーブルセッティングの中にブルーをあえて使ってることを紹介してもらえば、「新婦が自分の幸せをわけてくれてる」ことが伝わって女子ウケは良さそうだよね(^_^)/~

テーブルセッティングのアイデアとしては、会場装花の中にワンポントで青い花を入れてもらったり、花瓶やキャンドルなどに青いリボンを結ぶとか、席札に青いクリップをつけておくとか。。。。

まだまだアイデアはあるけど、こんな感じかな。あとは引き出物にブルーの箱を使用しても可愛いかも★もちろん引き菓子でもGOOD。

とにかく、「サムシングフォー」は、あなた自身が信じる事から始まります。

是非、HAPPYな花嫁さんになってくださいね!!

 

Sponsord Link